70歳からの菜園生活が面白い~

どこまでやれるかスコップと鍬で野菜づくりに奮闘中。

夏大根と優愛菜。

例年より
気温が高めで
野菜には好都合な季節です


昨秋の大根は
生育がよくなかったので
再度挑戦して種を蒔きました
夏大根


二筋蒔きで
大根の種は
光に当てると発芽しにくいので
深めに落として土で覆う


優愛菜は
葉質は柔らかくて炒め物、漬物、煮物に最適
サラダミックスは
5種類のツケナの種子で手軽に刈り取り長く楽しめる


葉物の種はお日さんを好むので
薄く山の腐葉土を蒔き軽く圧をかける


小さいながらも花が咲いた菜の花


暖かくなって
花粉も大量に飛び交うようになり
家内も畑仕事を苦戦しながらやってます。

山の腐葉土。


数年前に村の人や菜園仲間で
市の補助を得て山際一帯にフェンスを設置


その後はイノシシや鹿の
被害がほとんどなくなり
安心して野菜づくりが楽しめてます


所有者さんの了解を得て
山の腐葉土をかき集めてきました


落ち葉をかき分け
軽い山土を集める


採取した山土を
ふるいにかけて小枝や落ち葉をはぶく


ふるい落とされた山土はフカフカの腐葉土に


肥料袋で日光に当てて消毒


完熟腐葉土は
何年も積み重なった植物性の堆肥で
あまり肥料分がなく種まきや植え付け用に使用


自然の恵みを活かした野菜たちは
とびっきり美味しいです。


そら豆の脇芽欠き。

春の嵐が
各地で色々と影響が出ているだろうな
我が菜園は何とか被害無しでホッとです


暖かい日が続いているので
思い切って黒マルチを外して
そら豆の脇芽欠きと土寄せを
大きな茎を育てるためにも必要な作業


勢いのある5~6本を残して
あとの脇芽は全部欠く
この作業は収穫まで繰り返し何回も摘み取る


そら豆の新芽にはアブラムシの大群がつく
しかしテントウ虫が退治してくれるので助かる


エンドウ豆もマルチを外してネット張り


寒さに耐えたブルーベリーに肥料を


毎日畑で何してるねん
早よう帰れ~と
いつも夕方になると
カラスくんが
「アホーアホー」と声をかけてくる。

寒さに耐えた玉ねぎ。

今年の冬はとびっきり寒く
苗も消えるのではないかと心配でしたが
何とか頑張ってくれました
これからは暖かくなって
成長も早くグングン大きくなる


土も乾燥してるので
土ほぐしして空気を入れてやりました


明日は雨模様なので好都合ですが
雨後の病気が怖いです


早く食べられる品種の玉ねぎ


少し遅めに収穫する玉ねぎ

玉ねぎの出来は例年通りかな


我が菜園で一番長い畝に
丹波の山芋を植えます
中央に溝を掘って
堆肥などを入れ土をかぶせて埋め戻す



畝の出来上がり
このまま寝かして植え付け2週間ぐらい前に
化成肥料を入れて畝を整える


黄砂で霞む帰り道


野菜にはちょうど良い雨降り
しかし台風並みの風は嫌やな。

健康野菜ビーツ。

先輩の娘さんからのリクエスト
ビーツ(赤かぶ)
気候も良くなって
畝の準備もできているので種まき決行


ビーツはロシアの伝統料理で出てくる野菜
また「食べる輸血」と言われるほど栄養価が豊富で
健康効果が期待できる野菜だそうです

種はコーティングしているので蒔きやすい

間引きが大変なので
1粒づつ落す

山の土をかぶせて叩いて固め
その上に自家製のもみ殻燻炭を

収穫は70日後ぐらい


何故か黒マルチをしたら
生育がよくなった小松菜


遠くの山も黄砂で霞んでる

天気予報では
3月にかけては気温が上がるらしいから
春野菜も早くに種を蒔こうかな。