70歳からの菜園生活が面白い~

どこまでやれるかスコップと鍬で野菜づくりに奮闘中。

菜園に行く。

田んぼの周りを
金網で囲われた一角より
カギを開けて畑に


あぜ道を登り切ったところが我が菜園

第一ほ場では
土質が良い畝だから
里芋、じゃがいも、人参、ねぎ、らっきょ、大根、黒豆、
トマト、なす、水菜、白菜、キャベツ、エンドウ豆などを

第二ほ場では
石ころがまだあるので根菜類はダメ
キュウリ、なす、トマト、とうもろこし、ゴーヤ、カボチャ
にんにく、ほうれん草、セロリ、ブロッコリー、小松菜、オクラなどを


第三ほ場では
玉ねぎ、メロン、大根、スイカ、白菜、キャベツ、じゃがいも、
まくわ、落花生、そら豆、里芋、冬瓜、山芋などを植えてます、

年2回
作付け計画表を作成して
畝の割り振りをしてます
大変ですが
楽しみながらやってます。

「竹林」と「堆肥小屋」?

先日から某女子アナの
話題で出てくるキーワードだそうです、


それを思い出してパチっと
こんな背景の場所だったのかなと?

(春キャベツの追肥)

(ちぢみほうれん草の収穫)

(里いもの収穫)春に植え付ける親いもに

(えんどう豆の現状)笹で寒さ除け

このままの天候が続くと
野菜の生育にはイイのにな。





久し振りの畑仕事。

今日は昼から日差しもあり
畑に出かけてからだを動かしてきました。


ほうれん草、小松菜、葉ごぼうの
草とりと土ほぐしをしましたが
あまり育ってないですね、


今年の春野菜は例年通り育つのか
ちょっと心配です。




(畑の現状)

(ほうれん草)

18才と81才の違い?

今日、料理教室の新年会で仲間が
こんなチラシを持ってきて披露しました、


〇道路を暴走するのはが18才 逆走するのが81才


〇心がもろいのが18才 骨がもろいのが81才


〇偏差値が気になるのが18才 血糖値が気になるのが81才


〇恋に溺れるのが18才 風呂で溺れるのが81才


〇まだ何も知らないのが18才 もう何も覚えていないのが81才


〇東京オリンピックに出たいと思うのが18才
 東京オリンピックまで生きたいと思うのが81才
〇嵐というと松本潤を思い出すのが18才 
 鞍馬天狗の嵐寛寿郎を思い出す81才
〇自分探しの旅をしているのが18才
 出かけたままわからなくなって、皆が探しているのが81才


 人気番組「笑点」で紹介されたダジャレです、


僕も18才の孫がいます81才まではもう少しありますが
現実はそうなるのかなと
笑ってはいられないと気を引き締めました。