70歳からの菜園生活が面白い~

どこまでやれるかスコップと鍬で野菜づくりに奮闘中。

野菜に優しい肥料。

米ぬかと油粕をつかって
ぼかし肥料(発酵)をつくる


野菜の栄養源、窒素、リン酸、カリの
三要素をバランスよく含む肥料を
有機栽培には
かかせないぼかし肥料を野菜に


小松菜にも施す


まずは
米ぬか、油粕、草木灰を容器に入れ
水をかけながら
手でしっかりと混ぜ合わす


水の量を調節しながら
手で握って指で押すとパラパラと砕ける状態に
水分が多いと腐ってしまう


混ぜ合わせが終わりポリ容器に


空気を抜いてしっかりと密封して蓋をする


嫌気性発酵は酸素がなくても発酵が進む
仕込んで1~2ヶ月で発酵が終わり
風通しの良い日陰で乾燥させて肥料に


乳酸発酵の甘酢っぱい匂いがいい
効き目が早いので追肥に使用


野菜たちには有機の優しい肥料になってる!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。