70歳からの菜園生活が面白い~

どこまでやれるかスコップと鍬で野菜づくりに奮闘中。

ライ麦を敷き藁に。

昨年11月に植えた
ライ麦が
2m近く伸びてきたので
敷き藁かわりに活用する


野菜を
暑さから保護したり
泥はね防止や
蔓が巻きやすくするために
カットして野菜の株元に敷く


ライ麦に守られて野菜たちがイキイキしてる


収穫後は畝にすき込み
有機肥料にする
使い勝手の良いライ麦だ



トマトの畝に


トンネル内のスイカの株元前後にたっぷりと敷く


なすにも敷く


木陰で休憩どきに
西に向かって飛行機雲が何筋も


すいかの親蔓をカット。

5月に入り気温が上がり
ビニールトンネル内の
親蔓がグングン伸びてきた


元気な子蔓を4葉残して親蔓を摘心
この子蔓の10~15節に
雌花に人工で授粉し育てていく


今年は早く収穫できるだろうな


トンネル内のすいか蔓


親蔓を摘心


ニューメロンも親蔓をカット


行燈内のプリンスメロンに花が


黄まくわも元気


庭園の皇帝ダリア
11月頃にピンク色の大きな花が咲く
昨年は咲く前に霜に当たって枯らしてる


モコモコの樹木が癒してくれる


イチゴが採れた。

5月の
爽やかな庭園で
畑仕事していても心地良い


空や山を見てると癒される


遅くに植え替えたイチゴが色づいて
少し食べられるようになった
無農薬栽培で育てているので
仕事終わりに一口頬張るが
味はもう一つやな


草むらに
ヘビイチゴが
食べたことはないが味は無いらしい


里芋の植え付け。

雨も上がり
気持ちいい天気だ


里いもの芽があまり出ていないが
大野のいも、熊本のいも、海老いもを3畝に


夏場の乾燥には弱いので
そばの小川から大量に
水やりが出来る場所に植え付ける


晩秋には
モチモチした食感の
美味しい里いもが期待できる


植え付けた里芋


畝の両側にレタスも


里いもの畝に夕日が


ヒラヒラとで飛んでる二ホンカワトンボ


そら豆の莢が膨らむ


夕日に照らされた
田んぼの水面が美しい