70歳からの菜園生活が面白い~

どこまでやれるかスコップと鍬で野菜づくりに奮闘中。

野球部のOB交流戦。

毎年、8月
最終日曜日は
我が母校のグランドで
野球部のOB交流戦


先輩、後輩、現役と130名ぐらいが
朝早くから集合して野球を楽しむ
もうこの歳では試合には出ないが
母校のユニフォームを着て
珍プレー、好プレーにベンチでヤジ合戦


このグランドで
甲子園目指して
汗水流し3年間よく耐えた


和気あいあいの交流風景

若手組の交流戦

我が母校も創部120年を迎えた
歴史ある伝統高でもあり
全国高校野球選手権大会にも99回出場


この伝統ある野球部の
ユニフォームと
使い古したボールを
家族には
棺桶の中にいっしょに入れてくれと。

上出来だ!二番果スイカ。


台風が通り過ぎても
蒸し暑くて汗が滴り落ちる
比叡山にも雲が掛かって
曇よりした今朝の菜園



日数的にはまだ少し早いが
二番果のスイカを試しに1個採ってみた


ラクビー形の「紅アズマ」
葉っぱも枯れて茎も弱ってきていたのと
収穫のサイン
巻きひげも枯れてるので採ってみた

重さは通常の半分で4kg


切ってびっくり!
果肉は赤く種も黒く熟してる
食べてみて一番果よりも甘い
雨が少なく日照りが強かったのが
この甘いスイカを育てたんだな
あとのも期待できそうだ

いつもは撤収してたのが
二番果でも
甘いスイカが採れる事を教えられた
この夏の一番の頂き物だ。

花が落ちて実が生る?

ちょっと変わった野菜?
花が咲き終わり
ライナーみたいな茎が
土に突き刺さりその先に実が


字のごとく
花が落ちて実が生る「落花生」だ


今、栽培してるのは通常の落花生と
二倍ぐらい実が大きい
「おおまさり」と言う人気の品種
採りたてを茹でて食すと
栗のような食感でクセになる

可愛い黄色の花が咲き

ツーンと伸びた先が
土に入り実が生る

一株に40~50個ぐらいぶら下がる
9月末~10月中頃が収穫どき



この時期は
冬野菜の畝づくりが
大変な作業になる


草取りした後に
カチカチの土を耕し整えるが
鍬が土の中に入らず苦戦

堆肥を入れて耕し
畝に種や苗を直植えする
大根、白菜、キャベツ、かぶら、人参などを

今日も暑い中
精力的に動き回ってヘトヘト。

これは旨い!変わった形の「かぼちゃ」

飛騨高山に昔から伝わる
ヘチマのような長い形で
薄緑色の変わった「かぼちゃ」を
畑仲間からもらって何年も栽培してる


栽培は
種まきしても発芽が難しく
病気にも弱くて管理が大変
収量も一般のかぼちゃの半分程度
今年は20株を色んな栽培方法で挑戦中


かぼちゃ畑は
地這いと棚栽培
葉っぱも実が成りだすと
養分を摂られるので黄色くなるが
もう終わりに近づいてるかな

立体栽培

受粉ホヤホヤの子房

かぼちゃは交雑しやすいので寸胴形も出来る

へたがコルク状になったら収穫

果肉は黄色で種は下部の膨らんだ部分にあり
肉厚で先からお尻までほぼ同じ厚み

煮物にするとしっとりと甘くて美味しい

本家の「宿儺かぼちゃ」は
ブランド品で市場にはあまり出回ってません

もう秋なのかな。

ハケで掃いたような
すじ雲が
真っ青な空の中で
繊細で透き通るような雲が流れていく
とても涼しげできれいな朝の風景
もう秋ですね!

子ツバメが
チィチィと鳴きながら
畑の周りを飛び回ってるので
何故かなと思って見ると
赤とんぼが
あちこちにスイスイと飛び交ってる


先日まで子ツバメが
上空で鳴きながら
親ツバメの捕獲を見ていたのが
今日は低空で
親に見習って昆虫獲りを

赤とんぼが澄んだ空にスイスイと

草取りしたあとに
早速モズがミミズや昆虫を
探しにやって来た

秋肥ゆる
美味しいお芋さん

稲も穂を垂れて
実りの秋

まだまだ暑い日が続いているが
周りでは確実に
秋が訪れてる気配。