70歳からの菜園生活が面白い~

どこまでやれるかスコップと鍬で野菜づくりに奮闘中。

やっと発芽したかぼちゃ。

この変てこな形の
かぼちゃが凄く美味しい
飛騨高山の郷土野菜「すくな」


数年前に
友達から種を貰って育てているが
我が家の一押し野菜です


約2kの重さのすくな

 
かぼちゃの種は厚いので
発芽に時間が掛かる



滋賀の郷土野菜
「なりくら」まくわも発芽
果実は薄いグリーン系で
メロンのようにとっても美味しいです


そら豆も小さな莢が上に向いてる
落ち込んでも下を向かずに
そら豆のように上向いていこうな


スナップエンドウにも莢がつく


いつも通る
道ばたに芝サクラが植わってて癒される


自然ていいな~
いつでも癒してくれる
たまにはゆっくりと休養しやなあかんな。

さあ夏野菜の植え付けだ。

本格的な夏野菜の始まり!
雨降る前に
植え付け作業で忙しくなる


トマト、ナス、キュウリ、唐辛子の
ナス科の主力が登場です
今年は夏が早く来そうだから
植え付けもバタバタやな


菜園は賑やかに


トマトの苗を植穴に


ナスの苗を添木で支える 


キュウリの苗を丁寧に植え
もみ殻を泥跳ね防止にまく


肥料袋で苗を保護


色とりどりの行燈が


まだまだ植え付けがあり
忙しくなるが
負けるものかファイトやで。

あ~あ玉ねぎが。

先日の雨上がり後に
玉ねぎが
べと病になりガックリ
あれ程慎重に予防してたのに
いつもは5月の連休明けぐらいに
発生してたのに
高温と風で一気に蔓延してしまい
約1000本がアウトかな


これは2~3日前の元気な玉ねぎ


病気が一気に蔓延


早生玉ねぎは助かってるかな?


取りあえず早生玉ねぎをとる
シャキシャキして苦みもなく美味しかった


毎年のことながら玉ねぎ栽培は難しい
全国的な病気なので
手の打ちようがない野菜です
来年は早く採れる
早生玉ねぎだけにしょうか思案中。

原木しいたけの栽培。

農家さんが伐採した
クヌギの原木をいただき
初めてのしいたけ栽培に挑戦です


無農薬で
艶のある茶褐色
色味もよく、風味や香り、肉厚さにもすぐれた
栄養豊富なしいたけが期待できる



しいたけの種駒を調達


1m前後に切断したクヌギ原木


電動ドリルで穴あけ


木片(種駒)を穴に打ち込む


ほだ木を横積みにして菌糸の活着を図る


打ち込んだ種駒が白く発菌したら
伏せ込み場として庭の木陰に置く予定
来年の秋が楽しみです。

スイカの植え付け。

夏野菜の幕開け!
大玉スイカの栽培がスタート
毎年ウキウキする季節がやってきた


どんなスイカができるのかな
美味しいかな
雨に当たって割れないかな
いくつ採れるのかな
カラスに食べられないかな と
色々と心配だがワクワクする


植え付けには絶好日和


今年はラクビボールのような
楕円形の紅まくらにも挑戦


植穴に苗を植え倒れないように
添木をして紐で結ぶ


行燈仕様で
保温と虫よけにコメ袋で囲う


別畝でニューメロンも植える


6月初旬には花が咲き
早朝に人工授粉
7月初めに
甘くて美味しいスイカが食べられる。